窓フィルム?飛散防止フィルムってなに?

千葉県の某施設の飛散防止フィルム施工をご依頼頂きました。飛散防止フィルムとは予期せぬ災害(地震・台風など)で窓ガラスに何かしらの物が飛んできた時にガラスの飛散による二次被害を防ぐフィルムになります。

飛散防止フィルムは、危険なガラス片の飛散を防ぎます。
地震や台風などの災害で強い衝撃や強風で割れたガラスは、鋭い破片となって辺り一面に飛び散ります。
被害だけではなく、避難する経路を移動中に飛散したガラスによって二次被害に遭う可能性もあります。
絶対に割れないガラスはありません。
公共施設や大型施設・学校や幼稚園・保育園など多く見受けられます。万一の時に備えて、危険な破片の飛散を防ぐ飛散防止フィルムを施工させて頂いてます。

 

また、一般的な窓ガラスで使用する際、大きなサイズの場合や、吹き抜け部分、トップライト部分、階段部分などで万が一割れた際に落下して危ないような場合に、とくに飛散防止フィルムをおすすめしています。

直近の大災害では、割れて粉々になったガラス破片による被害が多く出ました。
飛散防止フィルムを窓ガラスの内側に貼った場合は、ガラスの破片はフィルムにくっついたままで、ガラスの破片の落下や飛び散りを防ぎ、人体におよぼすケガからも安全に守ります。

例えば、お子様のボール遊びや台風の影響で、窓ガラスに外からの物が衝突した時、ガラスだけの場合はガラスが粉々になり大きな破片が飛び散ります。
飛散防止フィルムを貼った場合は、ガラスが割れても衝突物は貫通せずに、ガラスの破片の飛び散りを抑え、ガラス破片による事故を防ぐ効果があります。

ただし飛散防止フィルムを貼っても窓ガラス自体の強度が上がる事はありません。

 

 

そして、紫外線(UV)は、大切なお部屋の家具やカーペット・フローリングなどの日焼け・色あせなど劣化の原因にもなります。さらに太陽からの有害な紫外線(UV)は、日焼けやシミ・ソバカスなどの原因となり、悪くすると皮膚炎や皮膚ガンなどを引き起こすと言われています。飛散防止フィルム は、有害な紫外線(UV)を99%以上カットするので、お肌や家具・フローリングを有害な紫外線(UV)から守ってくれます。 ですので、ガラスフィルムがお肌の弱いお子様や女性、家具を有害な紫外線(UV)をカットすることで守れます。

また施工前でも施工後でもお部屋からみえる景観・景色・外観はほぼ変わりません。むしろお客様には施工後の方が窓ガラスに飛散防止フィルムを貼ってから綺麗になったと言って頂ける方がほとんどです。このように飛散防止フィルムには物凄く薄いフィルムなのに実はたくさんの機能が備わっています。

Rock a film ロッカフィルムではフィルムの無料体験施工を行っております。

実際にガラスにサンプルを施工して窓ガラスから見える景観・景色・見え方を体験して頂くことができます。

                                             

 

 

関連記事

  1. 窓ガラスフィルム施工している私が教える窓ガラスのフィルムの剥がし方(建…

  2. ホームページを公開しました。