1. 遮熱断熱フィルムとは
  2. 断熱・遮熱機能は、昨今の省エネという観点から、急激に注目を集めています。遮熱断熱フィルムは、太陽の日射しが強い時期に日射熱を反射して遮熱効果を発揮します。また、寒い時期は暖房の赤外線を室内側に反射したり、フィルム自体に熱を伝わりにくくする加工を施す事で、断熱効果を得ています。(製品によって異なります)冷暖房機具を補助する働きが期待できるので、快適な空間造りが省エネにも繋がります。※夏は冷気損失の低減、冬は暖気損失の低減

遮熱断熱フィルムの特徴

遮熱断熱フィルムの大きな特徴は、省エネへ貢献できる機能です。

太陽からの放射熱は主に赤外線(約52%)と可視光線(約42%)です。これらを効率良く反射・吸収して、室内への熱の侵入を防ぎ、冷房の効果を高めます。

可視光線は、明暗にも影響を及ぼすので、大量にカットすると屋内が暗くなるなどの原因にもなりますが、その分遮熱効率はアップします。

また、寒い時期には暖房器具から発生した赤外線を屋内へと反射して、外へ逃げる熱量を軽減する効果がありますが、外からの日照も遮断してしまいます。中には、フィルム自体の熱貫流率を低く(熱を伝わりにくく)する事で、断熱効率を高めている商品もあります。

遮熱断熱フィルムは、遮熱効率や可視光線透過などのバランスを考えながら、商品を選ぶと良いでしょう。

可視光線をカットすると遮熱効果が高まる代わりに暗くなる。(貼付イメージ)

遮熱断熱フィルムの構造

遮熱断熱フィルムには、「スパッタリング」や「蒸着」といったもので、金属の薄膜を形成させたフィルム層があり、この層が日射熱を反射させて断熱・遮熱の効果を生み出します。

特にスパッタリングを用いたフィルムは、金属に高電圧をかけてイオン化し、均一で強固な薄膜を形成させるので、効率良く熱線を反射できます。

  • ※スパッタリングの技術は、半導体・液晶・プラズマディスプレイ・光ディスク用の薄膜を製造する手法でも知られています。

遮熱断熱フィルムを貼って省エネ対策

夏場は強い日射しが差し込んだり、また冬場は窓ガラスを伝わって暖気が流出したりと、冷暖房による温度調節が効率よくできません。

断熱遮熱フィルムを窓ガラスに貼ると、夏は熱線を屋外に反射し、冬は外への熱移動を低く抑える事で、冷暖房の負担を軽減し、省エネに直結する役割を果たします。

「窓」に対策をする事によって、室内の断熱・遮熱の効果は格段に高まります。

日射熱を反射・吸収する事により、室内への熱の侵入が抑えられている。(夏のイメージ)

遮熱断熱フィルムのミラー効果とは

断熱・遮熱系フィルムには、付属の効果として、鏡のように光を反射する「ミラー効果」を有するものがあります。ミラー効果は日中に室内が見え難くなる「簡易目隠し効果」が期待出来ます。

ミラー効果が高いとその分可視光線も多く反射しているので、少し薄暗く(木陰のような明るさ)感じる事があります。その代わり、可視光線に含まれる熱量もカットしている事になるので、遮熱効果は高まります。

夜間や屋外が薄暗い場合は、屋外から室内が見えて、逆に室内から屋外が見え難くなります。

有限会社タクミさまから引用