台風や地震などの災害から破損したガラスによる
二次災害を防ぐことが出来ます!

飛散防止UVカットフィルム (台風・地震対策・紫外線対策)

飛散防止UVカットフィルム (台風・地震・紫外線対策・BCP対策)

台風などの窓ガラスの破損の被害を軽減・地震などでも窓ガラスの破損の2次被害を軽減して防災対策(BCP対策)
紫外線透過率1%未満で紫外線過敏症・お肌のトラブル・家具やショウケースの日焼けを防ぎます。

紫外線について
ガラスフィルムのJIS規格(JIS A 5759)で規定される紫外線の波長域は300nm~380nmです。

しかしガラスフィルムのJIS規格の範囲外(280nm~300nm・380nm~400nm)にも紫外線は含まれています。
この波長域に含まれる紫外線の危険性は比較的低いとされていますが、近年地表に届く紫外線量は増えており、
より高いUVカット性能をお求めの場合はお問い合わせ下さい。

             

1 台風や地震のときガラスは何故割れるのか?

2 台風や地震でガラスが割れるとどうなるか?

3 台風時にガラスを守る対策法

4 台風や地震などの災害でオススメのフィルムは?

1 台風や地震のときガラスは何故割れるのか?

地震や台風などの強い衝撃で割れたガラスは、鋭利な破片となり地上へ飛び散り、その飛び散ったガラスによって二次的被害が多いと言われます。
何故ガラスは割れてしまうのでしょうか。
台風の風の力は猛烈ですよね。
例えば風速30m/sだと車が転倒すると言われています。
そんな威力の猛烈な風に太刀打ちなんてできません。
それくらいの威力です。折れた枝や壊れた傘が飛来物の元になります。
この得体も素性もわからない何処のものともわからない物が風の力を借りてガラスに衝突すると・・・・
逆に風速が強くてもガラスは風圧で割れる事はあまりありません。

2 台風や地震でガラスが割れるとどうなるか?

 

災害時の住宅内部被害において「家具などの転倒や落下」が約50%となり、次いで「ガラス」での被害が約30%です。
特にビルなどの高所から降る鋭利なガラスの破片は突如として凶器に変身し、
時には避難経路をも塞いでしまいます。
また、ご家族やお子様や大事なペットが窓ガラスに衝突し、負傷するなどの「不慮の事故」も実は多く発生しています。
台風や地震などの災害で強い衝撃や強風で飛来物が衝突し割れたガラスは、鋭いガラスの破片となって辺り一面に飛散します。
破片が直接当たる被害だけでなく、避難する際に飛散したガラスによって二次被害に遭う可能性があります。

 

防犯フィルム施工
防犯フィルム・ロッカフィルム
防犯フィルム・ロッカフィルム

3 台風時に破損するかもしれないガラスから身を守る対策法

1 雨戸をしめて下さい。

2 ベランダにある物干し竿や植木など飛来物になり得る物を屋内に入れて下さい。

3 万が一のために備えていただくには飛散防止フィルムの施工をお勧めします。

 

ガラスが破損した場合でも、フィルムの粘着層がガラスに密着することでその破片の飛散を防ぎ、
災害や事故によるリスクを大幅に軽減することができ、安心と安全な環境や避難経路を整えることが可能となります。
また、災害のない平常時には窓ガラスから入る紫外線(UV)を99%以上カットし、
お肌を紫外線から守ります。
また、家具やカーテン、カーペットの色褪せを抑制する効果があります。
絶対に割れないガラスはありません。
万一の時に備えて、危険な破片の飛散を防ぐ飛散防止フィルムがあります。
飛来物によるガラスの貫通を抑制する効果が高いフィルムです。
私たちの生活の中には様々な危険が潜んでいます。
ガラスを取り巻く中にも、天災・人的事故など起こりえる状況があります。
飛散防止フィルムを施工することで、割れたガラスによる危険を大幅に低減します。
飛散防止フィルムは、日本工業規格を満たすガラス飛散防止性能や、
ガラス貫通防止性能を持つスタンダードな透明フィルムです。
万が一の台風や地震などでガラスが割れても破片の飛散と落下を低減し、
ガラスの付近や真下の安全性を向上させることができます。
また、人やペットが不意にガラスに衝突した際もガラスの貫通を防ぎ、
人々の安全性を向上させることができます。
弊社で標準施工させて頂いている飛散防止フィルムのメーカーは国内有名メーカーを使用させて頂いておりますが
飛散防止フィルムの種類によって価格が変わります。
予めご了承下さい。
ご注意!
透明度が高く、飛散防止フィルムは最もスタンダードな商品なため様々なシーンで活躍しますが、
この飛散防止効果を持つフィルムはガラスの性能を強化すると誤解される方が稀におられますが、
飛散防止フィルムを施工することで割れたガラスの破片が飛散を軽減し二次災害を低減するということですのでご注意ください。
また、すりガラスに飛散防止フィルムに限らず窓ガラスフィルムを施工しますと透明になってしまいますのでご注意下さい。

紫外線を99%以上カット!家具やカーテン、カーペットの色あせを大幅に抑制!

家具やカーテン、カーペットの色あせを抑制する効果があります。

4 台風や地震などの災害でオススメのフィルムは?

     飛散防止フィルムにはたくさんの種類があります。
     厚みによって名前が変わってきます。
1 飛散防止フィルム
   厚さは約50ミクロンで髪の毛とほぼ同じくらいの厚みです。
     こんなに薄いですが果たしてくれる役割は非常に大きいです。
2 強飛散防止フィルム
     こちらは飛散防止フィルムの約2倍の厚みは約100ミクロンのフィルムです。
     厚みは太い髪の毛くらいの厚みになります。
3 貫通防止フィルム
    このフィルムは飛散防止フィルムの厚さの約4倍の厚みで約200ミクロンになります。
    ラミネート加工してあるポスターとかの厚みになります。
    準防犯フィルムと言われることがあります。
4 防犯フィルム
    読んで字の如く防犯用のフィルムです。
    厚さは約350ミクロン〜440ミクロンあります。
  飛散防止フィルムの約7倍から約8倍の厚みです。
  厚さに例えるとちょっとした文房具の下敷きみたいな感じです。
飛散防止フィルムの種類でもこのよう分類すると大体4種類くらいになります。

飛散防止フィルムの構造について

 

飛散防止フィルムはセパレター(剥離紙・ライナー)を含めて4層構造になっています。
素材はPETと呼ばれる物でペットボトルで使われる素材です。
そのPETと呼ばれる素材をサンドイッチするように傷をつきにくくするハードコート面と接着面で挟んでいます。
このような構造になっています。
右図 有限会社タクミ GLAFIL SN50より

台風対策でオススメのガラスフィルムは飛散防止フィルムです。

埼玉・東京・千葉での窓ガラスフィルムでの台風・地震・紫外線対策は窓ガラスフィルム専門施工Rock a film ロッカフィルムです。

窓ガラスの景観をほぼ崩さず、台風・地震・紫外線対策をしたいというお客様へ年間通じてご案内させていただいておりご好評頂いております。

窓ガラスフィルム専門施工Rock a filmロッカフィルムは施工実績多数です。

お客様のお悩み・お困りごとに真摯に耳を傾けて丁寧な御対応を心がけています。

ご安心してお任せください。

防災フィルム(飛散防止フィルム)についてよくあるご質問

防犯性能はありません。
垂直面に貼っていただいた場合、約10年の耐久性があります。
遮熱効果と飛散防止を兼ね備えた製品もございます。詳細はお問い合わせください。