ガラスからジリジリとした暑さを抑制してくれる優れたフィルム
暑さを緩和して省エネにも効果を発揮。

遮熱機能の他に飛散防止効果や紫外線対策などオールインワンの非常に優れたフィルム

遮熱フィルムとは

夏の強烈な暑さや眩しさを軽減する為省エネ効果にも期待できる機能性窓ガラスフィルムです。

遮熱フィルムの種類には大まかに二種類あります。

透明系遮熱フィルムミラータイプの目隠し効果のあるタイプです。

夏の暑さや眩しさの軽減に効果を実感できる窓ガラスフィルムが遮熱フィルムです。
室内を快適な温度に保って気持ちよく生活するためには、窓からの熱や冷気の伝わり方に気を配ることも大切です。
そうすることで、今よりもより良い空間づくりができます。

遮熱フィルムを貼って光熱費が減った!

暑さ・寒さの感じ方が違う!

是非そんなうれしい驚きをガラスフィルムを貼って実感してください。

遮熱フィルムは夏季に活躍しますが、冬季は室内の暖かい赤外線を屋内に反射させ外に逃しにくく断熱効果を併せ持った断熱フィルムもあります。いずれも可視光線透過率に大きく影響するため、遮熱効果や断熱効果とのバランスが重要となります。

台風や地震などの防災害対策に有効なガラス飛散防止性能や、
紫外線カット効果もあり、ガラスフィルムを貼るだけで快適性を大幅に向上できます。

年々暑くなる夏、暑さの厳しさが増してるように感じます。

暑さが厳しくなるにつれて熱中症などのニュースを聞く機会も増えてきました。

そのような状況ですので遮熱フィルムは用途によって様々な遮熱フィルムの種類をメーカーも販売しています。

また、フィルムということで扱いやすく最近人気のDIYでも手軽に貼れると言うことで今ではホームセンターなどでも

見かけるようになりました。

遮熱フィルムに限らず窓ガラスフィルムの施工は通常内貼りが基本になります。

内貼りと外貼りでの違いはやはり耐久年数にあります。

Rock a film ロッカフィルムでは基本的に内貼りでの施工をオススメさせて頂いております。
遮熱フィルム
遮熱フィルム
遮熱フィルム

太陽光が室内にどのように熱を伝えてるのか

夏の室温が上昇する原因の約70%は、開口部である窓から入る太陽光です。

太陽光には、赤外線、紫外線、可視光線が含まれますが、室温を上昇させているのは赤外線です。

窓ガラスを通して室温を上昇させているのは、太陽光に含まれる赤外線による輻射熱(ふくしゃねつ)です。

輻射熱を室内に伝えないためには、赤外線でも近赤外線を遮ることが有効的な方法となります。

遮熱対応のガラスフィルムを貼ることで、近赤外線を遮り、輻射熱を軽減させることができます。

「遮熱」とは

室内へ流入する日射熱の量を低減することです。

遮熱機能を備えたフィルムを窓ガラスに貼ることで、日差しを反射・吸収し、窓から入る日射熱の量が抑えられるため、

効率よく熱を遮断して夏の暑さ対策ができます。

遮熱フィルムは、日射熱を大幅にカットして熱が室内に入り込むのを効率よく防ぎます。

また、ガラス飛散防止性能や紫外線カット効果を合わせ持ちますので、

貼るだけで窓ガラスのトータルパフォーマンスが大きく向上します。

断熱フィルムは、室内の熱を窓から逃がさず室内の暖かさをキープします。
窓際の寒さを軽減することで、冬場の環境改善が出来ます。

また、暖房の設定温度を下げても快適に過ごせるので、省エネ対策にも効果があります。

遮熱フィルム

紫外線カットによる防虫効果

走光性を持つ虫は、光の波長の中で、紫外線領域の一部の波長に反応する場合が多いのです。

紫外線はもちろん日光に含まれていますが、蛍光灯等も微量の紫外線を出しています。

夜になると、部屋の照明以外に紫外線を発する場所がなくなるので、わずかな紫外線に集まってくるわけです。
紫外線は不可視光線ですから人間には見えません。透明度等を損なうことなく防虫ができるということです。

① 窓ガラスに貼っても透明感はそのまま

② 汎用エコガラス相当の遮熱性能を発揮

③  窓際を快適にして、省エネにも効果

④      皮膚に有害な紫外線を99%カット

太陽からの有害な紫外線(UV)は、日焼けやシミ・ソバカスなどの原因となり、悪くすると皮膚炎や皮膚ガンなどを引き起こすと言われています。また紫外線(UV)は、大切なお部屋の家具やカーペット・フローリングなどの日焼け・色あせなど劣化の原因にもなります。

紫外線カットフィルムは、有害な紫外線(UV)を99%以上カットするので、お肌や家具・フローリングを有害な紫外線(UV)から守ってくれます。 ですので、ガラスフィルムがお肌の弱いお子様や女性、家具を有害な紫外線(UV)をカットすることで守れます。

紫外線(UV)の99%以上をカットするので、室内の日焼けを予防しカーテン・フローリングや家具などの材質劣化を防止します。省エネ効果も期待でき日射の侵入による室内温度の上昇をガラスフィルムが紫外線を反射・吸収することで抑えて空調コストの削減にも貢献します。

 

遮熱フィルムの機能性について

透明系遮熱フィルム

このフィルムの特徴は今お住まいの環境からの景観や外観を損ないにくいことが

1番の特徴です。

この特徴を生かして景観や外観を大きく損なうことなく遮熱効果を発揮します。

また、日差しを柔らかくする効果もあり

若干の色味をつけてシェードを形成することにより夏などの暑い時期や冬に雪が積もった時に感じる眩しさを軽減します。

暑さの原因になる熱の吸収や熱を反射する機能があります。

この透明タイプの遮熱フィルムは景観や外観を損ないにくいのが特徴です。

お陰様で年間通じて大変ご好評いただいております。

遮熱フィルム・ミラータイプ

この窓ガラスフィルムの1番の特徴は名前の通り、鏡のような外観になります。

光自体を鏡のような外観にすることで反射して遮熱効果を発揮する遮熱フィルムです。

光自体を反射させることにより暑さの原因になる赤外線も反射させます。

また外観が鏡のようになるので外から居室内を見られることがなくなり

目隠し効果がありプライバシーの保護にもお役立ちしています。

(昼夜で逆転現象が生じます。夜間などはカーテンやブラインドなどでの対策をお願いしております。)

嬉しい機能

紫外線・UVカット機能

透明タイプの遮熱フィルム・ミラーフィルム共通の機能として紫外線カット・UVカットする効果

飛散防止効果

台風や地震などでガラスが破損した際のガラスの飛散を軽減する効果があります。

また、遮熱フィルムを施工すると冬のお部屋の中が寒くなるのとご質問いただく事が御座います。

今まで遮熱フィルムをお陰様で多数施工させて頂いておりますがそういったお声は聞いておりませんのでご安心ください。

その他の遮熱対策

遮熱カーテンや遮熱シェードもありますが、

どちらも窓の内側に設置します。窓ガラスから入り込む熱は窓とカーテンやシェードの隙間にどうしてもこもってしまいます。

窓ガラス自体で遮熱効果を得るには、窓ガラスを交換するか、遮熱フィルムを貼付するかのどちらかになります。

窓ガラスを交換するには費用もそれなりにかかってしまいます。

窓ガラスフィルムなら既存の窓に貼ることができるので、簡単・安く・早く遮熱対策ができます。

遮熱フィルムは本当に各メーカーから沢山の種類が販売されています。

DIYなどでも遮熱フィルムの貼り方の説明などされていますが

仕上がりでどうしても差が出てしまいます。

また、施工できるガラスの判断などが必要になります。

ガラスの判断などを間違えてしまいますと熱割れに繋がってしまい結果としてガラスの入れ替えや交換などでコストがフィルム施工の何倍もかかってしまします。

例えば、網入りガラスでも施工可能かどうか?

遮熱フィルムの価格はいくらとか?

お気軽にご相談ください。

埼玉・東京・千葉のRock a filmロッカフィルムではお客様のお困りごとに最適な窓ガラスフィルムをプロの経験と豊富な施工実績からご提案させて頂いております。

埼玉・東京・千葉で窓ガラスフィルムでの暑さ対策はRock a film ロッカフィルムです。

Rock a film ロッカフィルムではお陰様で多数施工させて頂いております。

遮熱フィルム・ミラータイプも施工実績が多数御座います。

窓ガラス越しの景観をほぼ崩さず、暑さ対策をしたいというお客様へは透明系遮熱フィルム

目隠し機能のある遮熱フィルムで暑さ対策をしたいお客様へは

ミラータイプの遮熱フィルムを年間通じてご案内させていただいております。

Rock a film ロッカフィルム では必ず熱割れ計算を行なっておりますのでご安心してお任せください。

ガラスの種類や熱割れ計算の結果によっては、お選びになったフィルムがご希望に添えない事もございます予めご了承下さい。